赤池地蔵尊
赤池地蔵尊 (閼伽池地蔵尊)

 

 子宝・子授け 伝説の赤蛇(玉袖)は岩水寺の赤池(閼伽池)に入り、奥の洞穴(鍾乳洞)を通って信州(長野県)の諏訪湖より通っていたと伝えられます。また閼伽池の“閼伽”とは不浄を浄化するという意味があり、その霊水は境内を流れます。 この霊水が運勢を変える開運の寺と呼ばれる所以といわれております。



Copyright(C)GANSUIJI All Rights Reserved.