岩水寺について……………開山や本尊様等についてです。
天竜川龍神伝説……………岩水寺に伝わる天竜川の龍神伝説です。
寺宝…………………………本尊様の他 寺宝の一部を紹介します。
年間行事……………………年間行事です。(春の大祭秋の大祭
境内案内……………………境内案内です。
リンク…………………………リンクです。

  
岩水寺について > 天竜川龍神伝説


天竜川龍神伝説
坂上田村麻呂将軍と赤蛇伝説

  荒れる天竜川    桓武天皇の延暦年間(西暦七八二年〜八〇五年)、勅命により東国へ向かっておられた坂上田村麻呂将軍は、曳馬(浜松市)北方守護である玄武神の霊威を意味する船岡山(現在の浜松市東区半田山〜浜北区内野台)に到着されました。それより先の天竜川はその当時、岩田の海と呼ばれる程広く、非常に荒れており、地域の人々を困らせていました。  
 



 そこで田村将軍は船岡山から鬼門(北東)にある岩水寺に参拝し、一夜の宿を取られました。
そして総本尊様であるお薬師様に、何卒苦しむ衆生を、民を救いたまえと御祈願されました。
 
お薬師様にご祈願
 
 
荒れ狂う海から現れた玉袖
 



すると岩水寺のすぐ東側、岩田の海、袖ヶ浦と呼ばれる地域(現在の天竜区二俣町鹿島)、にて荒れ狂う海から、美しい玉袖と名乗る姫がお薬師様の神々しい光と共に現れました。
 
 



 将軍様の奥方に迎えられた玉袖。やがて玉袖は身重となりました。いよいよ出産という時、四方四間の産屋を建ててもらい「わらわが産み終わって出てくるまで、決してこの中を覗かれないで下さい。」と、将軍に堅く言いおいて産屋へ入られました。
 
産屋
 
 

それから七日経ちましたが一向に出る気配がありません。外は大嵐となり、心配になった将軍がふと産屋の節穴より覗いてみると、中には二十尋(三十メートル)はあろうかという大蛇が七巻半たむろして赤子を舐めていました。
 
  様子をみる将軍   赤子を舐める大蛇  
 
赤子を抱いた玉袖姫
 


 驚いた将軍は産屋を蹴破り、中に入り込もうとするや、目の前に赤子を抱いた美女、玉袖姫が現れました。

「自分はこの海に住む蛇であります。お薬師様のお力で将軍様にお仕えする事が出来ましたが、本来の姿を見られた限りお別れしなくてはなりません。ただこの子はあなた様のお子であります。どうか立派な武将にお育て下さいませ。」と2つの宝珠を渡して岩水寺の赤池(閼伽池)へ消えて行かれました。
 
 



 それから八年の年月が経ち、将軍は再び勅を奉じ一子赤蛇丸(後の俊光)を同行しこの地に来ました。そして荒れ狂う岩田の海に水干の玉を投げ入れました。すると海はたちまち汐が引き広々とした陸地になりました。
 
水干の玉を投げ入れる将軍
 
 
岩水寺の赤池に隠れる赤蛇
 



  水が干上がった時赤蛇は岩水寺の赤池(閼伽池)に隠れ、そこから奥の洞穴(鍾乳洞)に入り、その後鹿島の椎ケ渕へ入られました。現在の浜松市天竜区の椎ケ脇神社は将軍がこの赤蛇を祀ったものであります。またその玉が奉じられているのが浜松市東区の有玉神社です。また鍾乳洞は信州(長野県)の諏訪湖に繋がっていると云われております。
 
 



  その後成長された俊光公は母の姿を知らない事を悲しく思い、母を地蔵菩薩として崇めたい旨を天子に奏上されました。父が寵愛の頃の姿を現し給えと願い一七日間(一週間)参籠されました。満願の夜、雷鳴轟く豪雨の中に母が現れ「玉袖のかわく間もなしここに来てわれ母ならば子安をぞいのる」といいつつ姿を消されました。
 
雷鳴轟く豪雨の中現れた玉袖
 
 
お地蔵様
 



 かくて俊光公は衆生済度法悦楽土を築く為に御母玉袖の姿をお比丘尼如来像とし、弘法大師空海上人一刀三礼の地蔵尊を銘「子安地蔵大菩薩」(国指定重要文化財)として岩水寺に安置されました。
 
 



  そして御父田村将軍の守り本尊の十一面観世音菩薩を岩水寺鬼門の守り神とし(現在の白山宮。本地垂迹説により白山大権現と十一面観世音菩薩は 同体とされる。)、
 
十一面観世音菩薩
 
 
阿弥陀如来
 



田村将軍東征持念仏の阿弥陀如来を裏鬼門の守り神(現在の八幡宮。本地垂迹説により八幡大菩薩と阿弥陀如来は 同体とされる。)としました。
 
 

 また田村将軍は岩水寺に寺領二百余町歩寄付され、寺の名前を龍宮山龍池院と名付けられました。その後弘仁年間 (西暦八一〇年〜八三四年)に比叡山延暦寺の末葉となり、後に東寺の末葉となり仁和寺にも従い寺号を般若院と改めました。
 この田村将軍から頂いた“龍宮山”の山号は千二百年経った現在でも使われております。また元々の瑠璃山という山号は岩水寺の住職が特別な法務をする際に使用しております。

 
  十一面観世音菩薩  


トップページへ